エチオピアのスーパーフード「テフ」

皆さんは最近、巷で注目されている「テフ」と呼ばれるスーパーフードご存知でいらっしゃいますでしょうか。「テフ」はイネ科の植物で、穀物の一種として知られております。エチオピアの伝統食としても知られ、約5000年前から栽培されていたなどとされ、ゴマの粒よりも小さいことから手元から落としてしまうと、その姿を見失ってしまうという意味合いを込めてエチオピアの言葉で「テフ」と名付けられているようです。原産国エチオピアでは、臼でテフを挽き粉にすることでインジェラというパンが作られているそうですが、日本では、最近スーパーフードとして「テフ」を使ったメニューなどがサイト上にもアップされており、ご飯と一緒に雑穀として炊いたり、野菜たっぷりのスープなどに加えたり、またサラダなどにもトッピングとして加えることで、皆さんが気軽に召し上がっているようです。「テフ」には難消化性でんぷん質が含まれ、大変消化されにくいことから腸内に溜まった不要なものを一緒に排出してくれるような特徴があるようです。ミネラルの栄養素が豊富であることで知られている「テフ」ですが、特にその中でも鉄分の栄養素が多く含まれ、美容的にも気になるお肌や髪などへも良い働きをもたらしてくれるようです。皆さんでしたら、どんなお料理に「テフ」を活用してみたいですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。