キッチンカーはHAPPYを届ける

キッチンカーは見た目が楽しいものもたくさんあります。例えばクレープ屋さん。ふわふわの生地に、さわやかな甘い香り。ジャムや生クリームと、可愛くて美味しそうで人気を集めています。そんなクリープのキッチンカーはどのような形で運営しているのでしょうか。毎朝、丁寧に仕込んだ素材をクレープ。味には厳しくしなければいけません。でもキッチンカーの経営はあくまで自然体で居たいという人も多い。のんびりと着実に自分のペースでお店づくりができるのも魅力です。場所のこだわりとして、近隣に大学のある私鉄の駅や、家族連れの多い大型ショッピングモール、幅広い客層を得られる場所を出店場所に選ぶ人が多いようです。また、キッチンカーもワーゲンバスを改造したものが多く、可愛く仕上がっています。例えば、ピンクをメインカラーにして手描きのポップや看板、雑貨で装飾して、個性的でどこか懐かしい雰囲気にしたり。可愛らしいお店と同様に、クレープも可愛い形に成形してお客様に提供するなど工夫もします。くるくるとねじった形やハートの形のマシュマロをトッピングしたり、キュートなものを多くします。また、旬の果物のジャムをウリにするのもいいでしょう。いろいろ食べたい人に満足してもらえるような豊富なラインナップというのも大切です。もちろん味も大切。クレープには生クリームがつきものですが、これを冷凍にしないで毎朝きちんとホイップして、風味を出すようにします。手作りは手間はかかりますが、キッチンカーだからこそ妥協せずにやることもできます。味わいのあるクレープには、学生さんや若い人だけでなく、孫を連れたおばあさんなど、あらゆる年代の人に求められるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です