自転車での販売は自由自在

自転車を利用した移動販売もあります。井の頭公園など公園の一角で営業するには自治体や保健所の許可が必要ですが、公園内での営業は自転車だからこそできることの1つだと思います。自転車の移動販売は東南アジアなどでよく見ます。昔の日本も紙芝居屋さんのような雰囲気です。自転車でワッフル販売をやっている人のこだわりは、手作り感を出すこと、ぬくもりのある雰囲気にすることだそうです。また、ワッフルの材料にこだわり、身体に優しい味を出すのもこだわりにしているとのこと。自転車キッチンカーはよりお客様とのふれあいを感じられるものです。公園内でやるならば、風景にピッタリとあうことも大切。レトロな雰囲気が合う公園もあれば、屋台のような雰囲気が合う公園もあります。自転車は、在庫が多くはおけないので商品が売り切れたら終わりという形が多いようです。自転車はより自分らしく働くことができます。中古の業務用自転車や保温ケースなどを購入し、のぼりや看板を手作りするなどして、費用を抑えることが可能。中古の業務用自転車を好きな色にペイントしたり、のぼりを自分で染めたり、看板を手作りしたり、自分好みの雰囲気に作り上げることができます。親しみやすく素朴な感じにするのが自転車に合うようです。厨房を整えて保健所の営業許可を得て、商品を作り自転車に乗せて販売に行きます。仕事をしていて、一番励みになるのは、人との交流です。素人の開業でわからないことだらけでも、周りの人のおかげで乗り切ったという人たちも多くいます。商品が売り切れたら仕事は終わりにして散歩をしたりヨガをしたり自分の時間を持つのも自由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です